川越の山車は「江戸系川越型」 その優美性、機能性は、まさに絢爛豪華

山車の構造

二重の鉾と、伸縮自在の迫りあげ式構造が特長

川越まつりでは、江戸と川越の職人によって完成した華麗な江戸系川越型山車が数多く登場する。

山車の構造は二層の鉾と人形からなる江戸型が発展したもの。

四ツ車、又は三ツ車と台座(せいご台)の上に、二重のあんどん(鉾)を組み、上層に出る部分と人形は、それぞれ迫り上げ式のエレベーター構造になっている。本来、これは城の門をくぐる際に伸び縮みできるようにした仕掛け。

翁の山車

浦島の山車

鉾の前に唐破風か欄間を乗せた舞台(囃子台)があり、多くの山車はせいご台の上で360度水平回転する回り舞台になっている。

山車には、黒や赤の漆が塗られ、金箔も使われている。 勾欄や腰まわりの彫刻はけやき材で、はめこみ式。さらに上、下の鉾には金銀の彩りもあざやかな刺しゅう仕上げの幕を張る。

これら幕類も彫刻と同じように、山車の主題である人形にちなんだデザイン仕上げとなっているものが多い。同じように見える山車でも、よく見ると微妙な違いがあって面白い。どの山車にも自慢のポイントがあり個性がある。

三番叟の山車

羅陵王の山車

山車の平均概要
山車の概要・構造