前の山車  次の山車

末広町 髙砂の山車

末広町 髙砂の山車

文化財
川越市登録歴史文化伝承山車
(平成20年10月18日登録)
所在地
川越市末広町1-10-9
所有者
末広町(髙砂会)
山車製作年
昭和25年(1950)~昭和34年(1959) 
人形製作年
昭和44年(1969)
山車製作者
浦田文治
人形製作者
井筒雅風

 

末広町 髙砂の山車の刺繍

山車は、昭和25年原型ができ、昭和34年、二重鉾、四つ車、廻り舞台、唐破風付きの囃子台を持つ山車を完成。その後平成22年から24年に掛け、車輪の取替え等、山車全体の修復を行い現在に至る。

人形は、「住吉大明神」。もとの地名「相生町」にちなんで能の髙砂を引用したもので、遠き宮に於いて、それを舞う晴れ姿、昭和44年に完成。

囃子は、芝金杉流で、町内の住吉囃子連です。




山車の保管場所末広町 高砂の山車の保管場所

前の山車  次の山車

末広町 高砂の山車