いつ訪れても、川越まつりの興奮と感動でいっぱい

まつり会館平面図

▼下記番号のクリックで、「各エリアのご案内」にジャンプします

1、エントランスホール

2、まつりに向かう路地

3、まつりへの思い

4、会所で集う

5、山車展示ホール

6、大型スクリーン

7、まうりに参加する

8、展示コーナー

9、写真コンクール

10、視聴覚室

各エリアのご案内
エントランスホール

情報コーナーでは川越まつりや山車の参加する全国の祭りの情報を自由にごらんいただけます。


エントランスホール
まつりに向かう路地

川越まつりの準備を川越唐桟の染め抜きで紹介しています。


まうりに向かう路地
まつりへの思い

川越まつりに携わる人々の様々な思いを紹介します。


まつりへの思い
会所に集う

神と人、人と人が出会うまつり全体の指揮所であり、行き交う 人々の会話が再現されています。


会所に集う
山車展示ホール

実際に川越まつりで曳かれる本物の山車2台を、定期的に入れ替えながら展示しています。 華麗な幕や精巧な彫刻により飾られた豪華絢爛な山車の迫力を間近でご覧いただけます。
展示ホールでは、定期的にお囃子の実演(約20分)も行われます。(日曜・休日のPM1:30・PM2:30の2回)
展示山車、囃子実演の予定表はこちら→


山車展示ホールお囃子の実演
大型スクリーン(6m×4m)

川越まつりの熱気と興奮が体験できます。上映時間約6分。(20分おきに上映)


大型スクリーン
まつりに参加する

天狐、ヒョットコのお面をのぞき込むと、舞手の視点から見た川越まつりの情景が広がります。


まつりに参加する
展示コーナー

川越まつりやお囃子の歴史を説明し、関係資料を展示しています。


展示コーナー
写真コンクール

毎年、川越まつり写真コンクールを行い、入選作品は1年間館内に展示いたします。

コンクール写真を見る


写真コンクール
視聴覚室

川越まつりの歴史と、まつりへの様々な思いを2種類の映像を通してご覧いただけます。

 


視聴覚室

川越まつり会館 KAWAGOE FESTIVAL MUSEUM

川越まつり会館

  • TEL.049-225-2727 FAX.049-227-5001
  • 〒350-0062 川越市元町2丁目1番地10

開館時間

(4月~9月) 午前9時30分~午後6時30分 入館は6時まで
(10月~3月) 午前9時30分~午後5時30分 入館は5時まで

休館日

毎月第2、第4水曜日 (休日の場合、その翌日が休館日)
12月29日~1月1日・臨時休館日等

観覧料

一般300円(団体240円) 小中学生100円(団体80円)
※団体料金は20名以上の場合
※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳を
 ご持参の方及びその介護者(障害者1人に対し1人まで)は、
 無料となります。
川越まつり会館