まつりに華をそえる笛、太鼓、鉦の音 リズムに合わせた踊り手の軽やかな舞

 

川越まつりの囃子は、文化、文政の時代に江戸から伝わったもの。源流はどれも、江戸の葛西囃子。 川越では以前からあった地元の里神楽と合流し古囃子として大成したといわれる。 もともと囃子は近郊の農村部が担当していた。 明治初期ごろより川越独自の改良を重ねて、今風の新囃子となり継承されてきた。

お囃子

お囃子

 

 

流派は王蔵流、芝金杉流、堤崎流に大別され、いずれも山車の移り変わりにともない、独自の改良を重ねて発展してきた。

笛1、大太鼓1、締太鼓2、鉦1の5人囃子に舞い手(踊り)が出る。リズムとメロディーは流派や囃子連によって異なるが、 多くの場面で笛がリードをつとめている。
曲目(舞)には屋台(天狐、獅子)、鎌倉(モドキ、オカメ)ニンバ、シチョウメ(モドキ、ヒョットコ)などがあり、 それぞれストーリーをもつ。

川越まつりのお囃子を代表する三大流派

 

王蔵流

王蔵流は川越南部に位置する中台地区の中台囃子連中が江戸末期に高井戸から神田祭で7台の山車の笛方を努めたという笛角を師匠に迎え、さらに、明治初期には王蔵金を師匠に迎え古囃子に手を加え創始したといわれる流派。

王蔵流

芝金杉流

 

芝金杉流

芝金杉流は川越南部に位置する今福地区の今福囃子連中が
五宿(調布市下布田)の師匠だった福岡仙松を師匠に迎え、
古囃子に手を加え創始した流派。

 

堤崎流

堤崎流は上尾市堤崎の吉澤菊次郎(天保6年~明治30年)が明治初期に隣村の木ノ下流の囃子に手を加え創始した新囃子といわれる。

堤崎流

川越まつりのお囃子