起源は慶安時代鎮守氷川祭礼の川越主奨励がはじまり

 

360年の時代を超えて、江戸「天下祭」の様式を今に伝える“都市祭礼の極み”

 

川越まつり(川越氷川祭の山車行事)は、10月14日に氷川神社が執行する「例大祭」を根源として、直後に行われる
「神幸祭」や「山車行事(祭礼)」から成り立っている。

例大祭

例大祭

神幸祭

神幸祭

山車行事

山車行事

 

「神幸祭」は、慶安元年(1648)に、当時の川越藩主、松平伊豆守信綱が氷川神社に神輿・獅子頭・太鼓等を寄進し、祭礼を奨励したことが始まり。慶安4年(1651)から華麗な行列が氏子域の町々を巡行し、町衆も随行するようになった。 この祭祀、祭礼が「川越まつり」の起源である。

当初の「神幸祭」は、氷川神社の神輿行列が 氏子の町々を渡御(とぎょ)し、氏子域の十ヶ町が仮装行列などの練りものの附祭りで供奉していた。

元禄11年(1698)、十ヶ町の一つ、高沢町が江戸の祭礼に習って、初めて踊り屋台を披露した。 踊り屋台は当時の江戸祭礼の花形であった。

絵巻

文政9年(1826)川越氷川祭礼絵巻より

新河岸川舟運の様子

新河岸川舟運


江戸と結ぶ新河岸川の舟運が川越まつりを発展

川越は、新河岸川の舟運によってリアルタイムに入ってくる江戸の風流、
風俗を取り入れながら、徐々に祭礼を発展させてきた。
現代の祭礼儀式、しきたりも、文化・文政時代の申し合わせが ルーツといわれている。

氷川祭礼絵額

天保15年(1844)氷川祭礼絵額

 

天保15年、十ヶ町の山車が統一

その後、江戸の祭礼で山車が主役となったのを機に、天保15年(1844)には、
十ヶ町の山車が氷川祭礼絵額(絵馬)にも残されるように、
すべて一本柱型式に 統一され、
勾欄の上に人形を乗せるようになった。

川越まつりは連綿と受け継がれ、平成17年(2005)2月、江戸の天下祭の様式や風流を伝える貴重な都市型祭礼として、「川越氷川祭の山車行事」が国指定重要無形民俗文化財となった。

氷川大神の御加護のもと、城下町の繁栄をになった川越の人々は、その経済力を背景として、誇りをもって川越まつりを360年の時代を超えて守り、川越独特の特色を加えながら発展させてきたのである。

川越まつりの歴史