仲町 羅陵王の山車

前の山車  次の山車

仲町 羅陵王の山車

仲町 羅陵王の山車

文化財
県指定有形民俗文化財
(昭和43年3月29日指定)
所在地
川越市仲町10-1 鴉山稲荷神社境内
所有者
仲町自治会(陵王会)
山車製作年
文久2年(1862)
人形製作年
文久2年(1862)
山車製作者
仲秀英(伝、元請)
人形製作者
仲秀英

仲町 羅陵王の山車の刺繍

旧志義町の山車。二重鉾、四つ車で、囃子台は唐破風付き。川越で巡行する山車の最古のもの。明治35年(1901)、同年の大祭に向けて大改修を行なう。他町内に先駆けて廻り舞台とし、以後の江戸系川越型山車の原型となる。山車の下勾欄には嶋村俊豊の波の彫刻が施されている。山車、人形共に文久2年に江戸神田白壁町に移住していた三代目の法橋仲秀英の作。人形は古代中国(北斉)の英雄であった羅陵王長恭がモデル。彼は美貌の顔を隠すため、戦の時にわざと怪異な相の仮面を付けて出陣し、敵をことごとく撃破した。それを記念して舞をつくり、これを舞うと世は平和となり国土は豊かになったという。やがて日本に伝わり舞楽の「羅陵王(蘭陵王)」となった。面は有吉長門正の傑作として知られる。

囃子は王蔵流の中台囃子連中。昭和34年(1959)に埼玉県無形民俗文化財に指定されている。


山車の保管場所 仲町 羅陵王の山車の保管場所

前の山車  次の山車

羅陵王の山車