志多町 弁慶の山車

前の山車  次の山車

志多町 弁慶の山車

志多町 弁慶の山車

文化財
県指定有形民俗文化財
(昭和43年3月29日指定)
所在地
川越市志多町12-1 自治会館敷地内
所有者
志多町自治会
山車製作年
江戸末期(伝)
人形製作年
安政3年(1856)
山車製作者
不明
人形製作者
鼠屋五兵衛

志多町 弁慶の山車の刺繍

旧町名も志多町。二重鉾、四つ車、囃子台は欄間仕立て(勾欄仕立て)で 、廻り舞台。原型は江戸時代末期の作と伝えられている。昭和29年に一重鉾を二重鉾、廻り舞台に宮元町の棟梁大沢菊太郎が改造。さらに磯貝勝之により彫刻の仕上げがなされる。

人形は安政3年(1856)鼠屋五兵衛の作で合計3人立ち。安宅の関にさしかかった武蔵坊弁慶が2人の草刈童子に道を尋ねている姿。

囃子は堤崎流の府川囃子連。


山車の保管場所 志多町 弁慶の山車の保管場所

前の山車  次の山車

弁慶の山車