宮下町 日本武尊の山車

前の山車  次の山車

宮下町 日本武尊の山車

宮下町 日本武尊の山車

文化財
川越市登録歴史文化伝承山車
(平成18年10月14日登録)
所在地
川越市宮下町1-12-2
所有者
宮下町自治会
山車製作年
昭和27年(1952)
人形製作年
平成元年(1989)二代目
山車製作者
高柳一ほか
人形製作者
井筒雅風(井筒人形)

宮下町 日本武尊の山車の刺繍

川越氷川神社の地元、宮下町の山車。白木造り、二重鉾、四つ車、唐破風付きの囃子台、廻り舞台。山車の原型が昭和27年に造られ、昭和34年町内の棟梁高柳一・尾高日郎らによって改修された。その後昭和55年に廻り舞台に改造、装飾金具を取り付けるなど大改修を重ねる。

人形は日本書紀などに登場する日本武尊(やまとたけるのみこと)。初代は昭和27年に磯貝勝之により制作され(現在保存中)、現在は京都の井筒雅風作の二代目。

囃子は芝金杉流の北山田囃子保存会。


山車の保管場所 宮下町 日本武尊の山車の保管場所

前の山車  次の山車

日本武尊の山車