前の山車  次の山車

連雀町 道灌の山車

連雀町 道灌の山車

文化財
川越市登録歴史文化伝承山車
(平成14年10月17日登録)
所在地
川越市連雀町8-1 熊野神社境内
所有者
連雀町自治会
山車製作年
昭和27年(1952)
人形製作年
昭和27年(1952)
山車製作者
印藤順造
人形製作者
西田光次

 

連雀町 道灌の山車の刺繍

山車は二重鉾、四つ車、唐破風付きの囃子台で廻り舞台。六軒町の山車を造った宮大工の印藤吉五郎の息子印藤順造が昭和27年に製作。他の山車と比べ全体的に大きいのが特徴。

人形は、昭和27年、西田光次の作。川越城や江戸城を築いた太田道灌が腰に太刀、手には弓を持ち、矢を背負っている姿。

囃子は堤崎流雀会。




山車の保管場所連雀町 道灌の山車の保管場所

前の山車  次の山車

連雀町 道灌の山車