前の山車  次の山車

脇田町 家康の山車

脇田町 家康の山車

文化財
所在地
川越市新富町2-30-5 自治会館脇
所有者
脇田町自治会
山車製作年
昭和57年(1982) 
人形製作年
昭和57年(1982)
山車製作者
横溝長寿, 大濵文男
人形製作者
川崎人形

脇田町 家康の山車の刺繍

川越の仙波東照宮に因んだ徳川家康の山車は、昭和57年(1982年)市制60周年にけやきの白木で建造されました。
その後、回転座に「四神」、三味線胴に「干支」、唐破風の屋根に「麒麟」、せいご台に「唐獅子」など神獣の彫刻を施し、更に漆塗りや金箔・彩色を施し完成。
また見送り帯を平成17年(2005年)に、四方幕を平成19年(2007年)に新調し、比類のない絢爛豪華さを誇っています。

尚、平成19年には、江戸天下祭りに参加し、日比谷公園から丸の内仲通り、皇居前へと順行し、大好評を博しました。


山車の保管場所 脇田町 家康の山車の保管場所

前の山車  次の山車

脇田町 家康の山車